一日一虚

自作小説ブログ

今日の虚構

汚れている 専属ミュージシャン 完全予約制

 汚れている。

 新品のギター、おろしたての衣装、サラサラのカツラ。

 すべて、過去になった。

 すべてが、もれなく汚れている。

 シャワーを浴びている間に、部屋の一切のものが黒く汚されている!

 専属ミュージシャンのこの俺は、これからライブだっていうのに。

 誰がこんなことを?いや、そんなことより、どうすればいい?

 「風呂から上がりたての、蒸気を発する専属ミュージシャンは素っ裸のまま立ち尽くしていた」

 なんつってな。ははは…

 ともかく、腹が減った。

 完全予約制、出前型イタリアン「ヴァカダステン」の、イカスミパスタを頼んでいたんだ。

 風呂に入っている間に、来たみたいだ。中央のテーブルに置いてある。

 とりあえず食うか。パカッ

 …なんだこれ、イカスミパスタなのにイカスミが全然ないじゃないか。

 ま、いいか。